埋没毛 処理

埋没毛の処理について

埋没毛(まいぼつもう)とは?

 

埋没毛とは、その名のごとく皮膚内に埋没してしまい表面に生えてこない毛のことです。
主な原因は、毛抜きや剃刀を用いて自己処理した時に発生しやすい症状です。
毛抜きでムダ毛を抜こうとして、毛根からきれいに抜けずに途中で切れたり、
剃った時に皮膚が傷つきカサブタができ、その結果毛穴が塞がれ毛が表面に出て来れなくなって
皮膚内で発毛・成長してしまった状態をいいます。

 

通常は埋没毛は放置しておくことにより自然に体内で分解されますが、
目立つのが気になって、自己処理をしようとして失敗し悪化させるケースも多いです。

もし悪化させてしまい、肌が変色したり炎症を起こした場合はすみやかに皮膚科で見てもらってください。
自己流の処理はまさに大怪我のもとです。

 

● 埋没毛は、ワキやビキニラインなど毛が揃わない箇所に発生しやすいようです。
自然にできるのは稀で、ほとんどが脱毛の自己処理の失敗が原因です。
脱毛費用を安く上げたいのは解りますが、埋没毛を作ってしまっては本末転倒です。
大事な身体ですので最初から脱毛エステや脱毛クリニックなどで施術することをお勧めします。

 

最初から脱毛してしまうのでが一番ですが、すでに埋没毛ができてしまった場合ですが、
通常より時間はかかりますが、エステで永久脱毛してください。

埋没毛は、毛根を焼いて永久脱毛してしまえば二度と毛が生えて来ることはありません。
美しい肌を保ち続けることができますよ。

 

全身脱毛9部位どこでも\2,000

 

 

銀座カラー 脱毛キャンペーン

 

 

銀座カラー学割のTOPページに戻る